三重・伊勢の客室露天風呂付き旅館「斎王の宮」

伊勢にたたずむ王朝浪漫の夢見宿 斎王の宮

ご予約・お問い合わせ TEL:0596-39-6611

各種プラン・宿泊予約

  • おもてなし
  • おへや
  • お料理
  • ムーンパールスパ
  • 各種プラン・宿泊予約

斎王・斎宮について 斎王とは、

天皇に代わって伊勢神宮に仕えた皇女「斎王」

選ばれし斎王

斎王は、天皇に代わって伊勢神宮に仕えるため、天皇の代替りごとに皇族女性の中から選ばれ、都から伊勢に派遣されました。

斎王は、天皇が即位すると未婚の内親王(または女王)の中から卜定(ぼくじょう)と呼ばれる占いの儀式で選ばれました。 斎王になると、宮中に定められた初斎院(しょさいいん)に入り、翌年の秋に都の郊外の野宮(ののみや)に移り潔斎の日々を送り身を清めました。 その翌年9月に、伊勢神宮の神嘗祭(かんなめのまつり)に合わせて都を旅立ちました。
出発日の朝、斎王は野宮を出て葛野川(現在の桂川)で禊(みそぎ)を行い、大極殿での発遣の儀式に臨みます。
古くは、伊勢神宮起源伝承で広く知られる倭姫命(やまとひめのみこと)などの斎王もいますが、その実態はよくわかっていません。 制度上最初の斎王は、天武天皇(670年頃)の娘・大来皇女(おおくのこうじょ)で、制度が廃絶する後醍醐天皇の時代(1330年頃)まで約660年間続き、その間記録には60人余りの斎王の名が残されています。

選ばれし斎王
斎王群行模型

斎王群行

斎発遣の儀式を終えた斎王は葱華輦(そうかれん)という輿に乗り伊勢へと旅立ちます。
群行(ぐんこう)と呼ばれるこの旅は、斎王に仕える官人・官女に加え、京極まで見送る勅使など500人を越える壮麗なものでした。
一行は、近江国の勢多(せた)・甲賀(こうか)・垂水(たるみ)伊勢国の鈴鹿(すずか)・一志(いちし)に設けられた仮設の宮、頓宮(とんぐう)に宿泊し5泊6日の行程で伊勢に赴きました。

斎王がその任を解かれるのは、天皇の譲位・崩御、斎王の病、肉親の不幸などの理由により、天皇一代に一人が原則でした。
解任された斎王の帰京時は、天皇譲位の場合は往路と同じ鈴鹿峠・近江路を通りました。
しかし不幸な理由(凶事)の場合は、伊賀・大和路を通るきまりでした。
いずれの場合も難波津(大阪湾)で禊を行った後、密かに入京しました。

斎王群行
葱華輦(模造)

斎王の務め

斎王が伊勢神宮へ赴くのは、6月と12月の月次祭と9月の神嘗祭の3回に限られていました。これを三節祭と呼び、外宮では15・16日、内宮では16・17日に行われます。 斎王はその前月の晦日に祓川や尾野湊(大淀浜)で禊を行い、15日に斎宮を出て離宮院に入ります。
翌16日には外宮、17日には内宮に赴き、まつりに奉祀して、18日に再び斎宮に戻ります。

斎王の勤め
伊勢物語絵巻(第69段 狩の使 場面)

斎宮

斎宮は「いつきのみや」とも呼ばれ、斎王の宮殿と斎宮寮(さいくうりょう)という役所のあったところです。

昭和45年(1970年)、現在博物館の建つ古里地区で発掘調査が行われ、長い間埋もれていた斎宮が再びその姿を現しました。
東西約2キロ、南北約700メートル、面積約137ヘクタールが 国の史跡に指定され、現在も計画的な発掘調査が続けられています。 斎宮では区画道路により碁盤目状に区切られた方格地割(ほうかくちわり)が造営され、建物が整然と建ち並んでいたことが判明しています。
約120メートル四方の区画が東西7列・南北4列並んで構成される大規模なものでした。

斎王と王朝文学

神に仕える未婚の皇女という特殊な立場にあった斎王は、王朝文学に登場したり、そのモデルとされています。
恬子内親王と在原業平とおぼしき男との一夜を描いた『伊勢物語』、当子内親王と藤原道雅の関係を描いた『栄華物語』、雅子内親王と藤原敦忠の恋を描いた『大和物語』など、人間としての斎王が描かれる文学も少なくありません。斎王、ィ子内親王を描いた『とはずがたり』や『増鏡』に至るまで、幅広い時代に渡って多くの作品の中に斎王の姿が見え隠れしているのです。
『源氏物語』に登場する光源氏の思い人「六条御息所」は、実在の斎王で三十六歌仙の一人に数えられる「徽子女王」をモデルにしたといわれています。

・斎宮歴史博物館

斎王まつり

都から遠く離れた伊勢の地に群行された壮麗な「斎王群行」を再現

初日の夜の前夜祭はライトアップされステージの艶やかさは眼を見張るものがあります。また、二日目の斎王群行は群行衣装を纏った大行列が平安絵巻さながらのムードを醸し出しています。
斎王まつりは1983年(昭和58年)に地元婦人会の有志の方々が、斎宮跡発掘調査もすでに始まっていたこの地で「斎王をお祀りしよう」ということで誕生し、20年以上の歴史を持っています。
その意思は今も受け継がれ、660年間続いた斎王制度に多くの人々がかかわったように「斎王まつり」もまた多くの人々に支えられ、斎王の歴史の中に位置づけられるようになりました。

斎王まつり

・斎王まつり

※参考出展・写真提供:斎宮歴史博物館 三重県多気郡明和町竹川503 TEL 0596-52-3800(代) http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/saiku/

各種プラン・宿泊予約

ご予約・お問い合わせ TEL:0596-39-6611

お問い合わせはこちらから